勉強に集中したいがバイトしないと生活が

自分は大学卒業後、大学院への進学を考えていました。

しかし自分の大学には求めていた研究分野がなかった為、他大学のいきたい研究分野のある大学院の受験に挑みました。

しかし大学を卒業すると、奨学金はもらえないだけでなく、返済も考えなくてはならないし、また、家賃、光熱費、税金、年金、保険などの払わなくてはならないものも増えていきました。

なので1年目は大学時代から続けていたアルバイトの日数を増やし、アルバイトをしながら勉強しようと考えました。しかし、アルバイトをして帰ってくると、疲れて寝てしまい、なかなか思い通りには勉強は進まず、その年の大学院受験には落ちてしまいました。

その後さらに1年、2年と同じような状況が続きました。勉強に集中し、勉強だけしたいけど、そうすると生活が成り立たない。親に借りることも考えましたが、プライドと申し訳なさが生じて言い出せませんでした。

そして大学院受験3年目の2ヶ月前とうとうもう勉強に集中しなければ、との焦りから、お金を借りようと決心しました。

周りからは辞めといた方がいいよ!と言われましたが、もうしょうがないと無人のアコムにいきました。そして緊張と多少の恐怖も感じながらカード発行の手続きを行うと、意外にもすんなり発行でき、しかも限度は50万。

すぐに50万借り、受験までの生活費にしました。しかし、その年も受験は失敗。

残ったのは50万の借金。軽くみていて、アルバイトすればすぐに返せると思っていたのに、なかなか進まない返済。そして毎月の利子も1万円近く。

こんななかなか進まない返済を2年続けています。世の中上手くいかないもんですね。

このページの先頭へ