姉が財布を落としたと連絡が入って始めて

これは私がまだ入社してまだ間もない頃の話です。

当時まだ携帯電話も普及していなくてポケベルを持っている時代でしたね。

仕事上携帯電話が必要だったので、ちょっと無理をして携帯電話を契約していたのですが、その電話に姉から電話がかかってきました。それも何度も。

仕事がひと段落した時に再度姉からの着信があったので出てみると、物凄く焦った声でこう言いました。

「給料を下ろしたばかりの財布を落とした。」と。ちょっと疑ったのですが、姉からそう言われると信じるしかありません。

そこで頼まれたのが消費者金融で借りてくれないかという事でした。私は当時消費者金融がどんなものなのかも知りませんでしたから、姉が相当焦っていたのもあって簡単に引き受けてしまったんです。

ちょうど会社の近くにあったのがレイクでした。店舗に入る勇気はなかったので無人契約機の方を選択し申し込みをしました。

申込みは本当に簡単だった記憶があります。審査も早く終わりカードが発行されました。利用限度額は50万でした。

姉が必要だったのは20万円だったので、とりあえず20万円だけキャッシングして姉の口座に振り込みました。

考えてみればここから私の借金生活が始まった気がします。

それ以降お金は簡単に借りれるものだと思ってしまいましたから・・・

このページの先頭へ